関西発の旅行情報をお届け!~旅するアオナミブログ~

【関西発】オトクに旅を!旅行でありがちなトラブルからモデルコースまでご紹介

【2024年】北陸新幹線とサンダーバード・しらさぎ・東海道新幹線の乗継で利用可能な格安きっぷは?

当ブログ記事にはプロモーションが含まれています

2024年3月16日に、北陸新幹線は敦賀駅までの延伸開業しました。

当記事では、「サンダーバード」や「しらさぎ」、東海道新幹線との乗継でお得に利用できる方法についてご紹介します。

 

◆当記事の作成者「旅するアオナミ」とは?◆
全国47都道府県到達済み(通過含む)。関西発の旅行情報についての情報発信を通じて、旅行の楽しさや節約術をお届け。
関西在住だからこそ分かる情報もお伝えします。
この記事のポイント! 北陸新幹線大阪・名古屋方面への乗継に使える格安きっぷはある?
そんな疑問に【列車別で】お答えします!

 

 

【列車別】乗継に使える格安きっぷ

①サンダーバード号(大阪・京都方面)- 北陸新幹線

まずはサンダーバード号についてみてみましょう。JR西日本の予約サービス「e5489」を例にみてみます。

「新規予約」→「リストから選択」から[北陸新幹線・北陸線]を選択してください。

ここでは大阪発→金沢着を例にしてご説明します。



ここで選択可能なきっぷとして、

  • 「通常のきっぷ」
  • 「eきっぷ」
  • 「Web早得7/14」

があります。

 

最も割安な商品は、①「Web早得14」②「Web早得7」です。

メリットとしては高い割引率、デメリットとしては変更が不可という点です。

「Web早得」商品のポイント・メリット:高い割引率 / 特急券・乗車券一体型で分かりやすい
・デメリット:変更不可

変更する可能性が低い場合、高い割引率で使用することができ、大変おススメです。

 

主な設定区間 WEB早特7 WEB早特14
大阪 ~ 福井 6,100円 5,740円
大阪(市内) ~ 金沢 8,460円 7,980円
大阪(市内) ~ 富山 9,250円 8,730円
名古屋 ~ 福井 5,690円 -

 

では【変更可能+誰でも使える+乗継に使用可能】を満たすきっぷはあるのでしょうか?

あります!!

それは、「北陸乗継チケットレス」(e5489限定発売)か「通常のきっぷ」(=窓口や券売機でも買えるタイプ)です。

※J-WESTカード会員であれば、より割安な「e北陸乗継チケットレス」や「eきっぷ」もありますが、ここでの説明は割愛します。

 

柔軟な割安きっぷのポイント~サンダーバード編~!・北陸乗継チケットレス
・通常のきっぷ
これらのきっぷは、いずれも、【変更可能】【誰でも使える】【乗継に使用可能】【当日まで購入可能】です!

 

それぞれ説明をしましょう。

北陸乗継チケットレス

上の一覧にそんなきっぷなかったじゃないか!と思われるかもしれません。

e5489の操作にひと手間加えることで、この【北陸乗継チケットレス】を画面に出現させることができます。

「新規予約」→「リストから選択」から[北陸乗継チケットレス]を選択してください。

あとは画面にしたがって操作をすすめていきます。

このきっぷは複雑で理解しがたい箇所がいくつかあり、説明(①、②)します。

 

①在来線区間の乗車券が含まれていない

上記の6,860円に含まれるのは次の3つの合計金額です。

  • サンダーバードの特急券
  • 北陸新幹線の乗車券(敦賀~金沢)
  • 北陸新幹線の特急券(敦賀~金沢)

したがって、サンダーバードの乗車券は含まれていません!

ICOCAなどの交通系ICカードか、紙のきっぷのどちらかを在来線区間では用意する必要があります。

 

②「交通系ICカードの設定(交通系ICカードでのご乗車が可能になります)」とは?

次に、e5489の最終確認画面の下部には、「交通系ICカードの設定(交通系ICカードでのご乗車が可能になります)」という記載があります。

ここではラジオボタン(青色の選択肢ボタン)で次のいずれかを選びます。

  • ICカード情報を設定する:手持ちの交通系ICカード(ICOCA、モバイルICOCAなど)を登録すると、新幹線区間の特急券・乗車券を紙に発券することなく、登録したICカードで乗車することが可能になります。
  • 予約・購入完了後に設定する:あとでICカードを設定する、という意味です。設定を忘れると、紙のきっぷに引き換える必要があります。
  • きっぷを受け取って乗車する:紙のきっぷに引き換えます。
北陸乗継チケットレスのポイント!・JR西日本予約サービスe5489での限定発売
サンダーバード(在来線区間)の乗車券のみ別途用意する必要がある
・北陸新幹線をチケットレスで利用するには、別途ICカードをe5489で登録し紐づける必要がある。⇒紙で発券して乗車も可!

正直なところ、大変複雑なかたちのきっぷです。メリットとしては、すべてICカードとスマホのみで完結するため、紙のきっぷが不要な点だと思います。

紙のきっぷに引き換えない場合は、サンダーバード・北陸新幹線の特急券をe5489上の画面かメールで確認し、乗車するようにしてください。

 

通常のきっぷ(特定の特急料金(幹特在特)が適用される)

続いて、一番スタンダードなかたちのきっぷです。

次の方法で購入可能です。

・e5489では「通常のきっぷ」

・みどりの窓口やみどりの券売機で直接購入

・旅行会社で依頼

以上が、この「通常のきっぷ」となります。

 

通常のきっぷを利用してサンダーバード号と北陸新幹線の乗継に割引を適用させるには、注意点がいくつかあります。

  1. サンダーバード号と北陸新幹線の特急券をまとめて購入すること
  2. 敦賀駅での途中下車(改札の外へ出る)のは不可
  3. 北陸新幹線の利用区間は、富山・越前たけふ間

この3点です。

割引が適用される「通常のきっぷ」のポイント!  ・サンダーバード号と北陸新幹線の特急券をまとめて購入する(みどりの窓口もOK!)

・敦賀駅での途中下車(改札の外へ出る)不可

・北陸新幹線の利用区間:富山~越前たけふ(越前たけふ、福井、芦原温泉、加賀温泉、小松、金沢、新高岡、富山の各駅)に限られる

⇒この3つを満たせば、乗継で値引きがあります!

 

サンダーバード号と北陸新幹線の特急券を【まとめて購入】【別々に購入】で、実際に値段を比較してみます。

【まとめて購入】大阪~金沢

特急券は4,570円(指定席、閑散期)です。

これには、上述した割引制度(幹特在特という特別な制度)が適用されています。

なお、在来線特急と新幹線を乗り継ぐと、在来線料金が半額となる従来の乗継割引制度は2024年3月15日付で廃止となりました。

 

【別々に購入】大阪~金沢

特急券は2,390+3,170=5,560円(指定席、閑散期)です。

 

したがって、一度に特急券を購入した方が約1,000円近く安くなりますね!

 

②しらさぎ号(岐阜・名古屋方面)- 北陸新幹線

しらさぎ号についてみてみましょう。JR西日本の予約サービス「e5489」を例にみてみます。

 

「新規予約」→「駅名を入力」から入力してください。

ここでは名古屋発→金沢着を例にしてご説明します。

 

ここで選択可能なきっぷとして、

  • 「通常のきっぷ」
  • 「Web早得7」

があります。

 

最も割安な商品は、「Web早得7」です。

メリットとしては高い割引率、デメリットとしては変更が不可という点です。

「Web早得」商品のポイント・メリット:高い割引率 / 特急券・乗車券一体型で分かりやすい
・デメリット:変更不可

変更する可能性が低い場合、高い割引率で使用することができ、大変おススメです。

 

主な設定区間 WEB早特7 WEB早特14
大阪 ~ 福井 6,100円 5,740円
大阪(市内) ~ 金沢 8,460円 7,980円
大阪(市内) ~ 富山 9,250円 8,730円
名古屋 ~ 福井 5,690円 -

 

では【変更可能+誰でも使える+乗継に使用可能】を満たすきっぷはあるのでしょうか?

あります!!

それは、「通常のきっぷ」(=窓口や券売機でも買えるタイプ)です。みどりの窓口やみどりの券売機、旅行会社で依頼するとこの「通常のきっぷ」となります。

通常のきっぷ(特定の特急料金(幹特在特)が適用される)

ただし、このきっぷを利用してしらさぎ号と北陸新幹線の乗継に割引を適用させるには、注意点がいくつかあります。

  1. しらさぎ号と北陸新幹線の特急券をまとめて購入すること
  2. 敦賀駅での途中下車(改札の外へ出る)のは不可
  3. 北陸新幹線の利用区間は、富山・越前たけふ間

この3点です。

割引が適用される「通常のきっぷ」のポイント!  ・しらさぎ号と北陸新幹線の特急券をまとめて購入する(みどりの窓口もOK!)

・敦賀駅での途中下車(改札の外へ出る)不可

・北陸新幹線の利用区間:富山~越前たけふ(越前たけふ、福井、芦原温泉、加賀温泉、小松、金沢、新高岡、富山の各駅)に限れれる

⇒この3つを満たせば、乗継で値引きがあります!

 

しらさぎ号と北陸新幹線の特急券を【まとめて購入】【別々に購入】で、実際に値段を比較してみます。

【まとめて購入】名古屋~金沢



特急券は4,570円(指定席、閑散期)です。

これには、上述した割引制度(幹特在特という特別な制度)が適用されています。

なお、乗継割引制度は2024年3月15日付で廃止となりました。

 

【別々に購入】名古屋~金沢

 

特急券は2,390+3,170=5,560円(指定席、閑散期)です。

-----

 

したがって、在来線しらざぎの特急券と北陸新幹線の特急券をまとめて購入した方が約1,000円近く安くなります!

 

③東海道・山陽新幹線 -(米原・敦賀乗り換え) - 北陸新幹線

東海道新幹線を米原で乗り継ぎ、かつ敦賀で北陸新幹線に乗り継いだ場合には、EXサービス(*)の乗継きっぷがお得です。

*EXサービスは、無料で使える「スマートEX」と有料の「EX予約」があります。

 

EXサービスの乗継きっぷは、【EXサービス】とEXサービスから画面遷移した【e5489】*1でのみ取り扱いがあります。

※同様の区間をみどりの窓口で購入した場合は、上記②しらさぎ号(岐阜・名古屋方面)- 北陸新幹線のパターンように、敦賀乗継で前後の特急しらさぎ・北陸新幹線に幹特在特という特定の特急料金が適用されるものが最安となります。

 

東海道新幹線と敦賀方面・北陸新幹線乗継のポイント!EXサービス+e5489(EXサービスからの遷移に限る)で利用可能な「【e5489専用】[EXサービス限定]乗継きっぷ」が最もオトク
⇒みどりの窓口で購入する場合は、しらさぎ+北陸新幹線をまとめて購入すると割引(幹特在特)が適用されます。

 

では、【e5489専用】[EXサービス限定]乗継きっぷの予約方法を説明します。

「【e5489専用】[EXサービス限定]乗継きっぷ」予約方法

例)岡山→米原で乗継→しらさぎ号で敦賀→北陸新幹線で金沢

 

①EXサービスで岡山~米原の予約を行います。

※北陸方面→岡山であっても、先にEXサービスで予約を行ってください!

 

②EXサービスに再度ログインし、予約確認/変更/払戻ボタンを押します。


③予約一覧から該当する列車の「詳細」を押します。

④画面下部の「EX旅先予約」というバナーをクリックします。

※ログイン直後にも同じバナーがありますが、それはクリックしないでください(商品がありません)。必ずこの手順通り、乗車予定の列車詳細画面から遷移してください。



 

⑤EX旅先予約の画面中央にある「米原乗継きっぷ」バナーをクリックしてください。

 

⑥在来線特急予約(米原駅から)をクリックしてください。



⑦遷移先のe5489で下車駅(敦賀~富山のJR特急・新幹線停車駅)を入力してください。

あとは画面にしたがって操作をすすめてください。

 

注意点としては、米原から先の【e5489専用】[EXサービス限定]乗継きっぷは、米原駅のJR西日本の券売機か窓口で受け取る必要があるという点です。

つまり、東海道新幹線→しらさぎへ米原駅で乗り継ぐ際には、いったん米原駅の改札口を出て(×乗り換え改札 ○外へ出る改札)、引き換える必要があります。

窓口と券売機は2024/03時点で1つずつしかないため、しらさぎの乗り換え時分に余裕を持つことをおススメします

 

 

以上です。ご一読ありがとうございました。

 

旅先で使える!レンタカークーポン【PR】

 

*1:後述のとおり、e5489単体での利用では該当商品が出現しません