関西発の旅行情報をお届け!~旅するアオナミブログ~

【関西発】オトクに旅を!旅行でありがちなトラブルからモデルコースまでご紹介

年末年始やGWの新幹線予約がとれない!?満席の理由と回避策【のぞみ全席指定化】

当ブログ記事にはプロモーションが含まれています

年末年始やGWになると、多くの方が東海道新幹線を利用します。

しかし、特に2023年は前年と状況が大きく変化しており、戸惑った方も多いのではないでしょうか。

当記事では、繁忙期の東海道新幹線事情と満席の回避策を紹介します。

 

◆当記事の作成者「旅するアオナミ」とは?◆
全国47都道府県到達済み(通過含む)。関西発の旅行情報についての情報発信を通じて、旅行の楽しさや節約術をお届け。
関西在住だからこそ分かる情報もお伝えします。

 

JRの残席状況は、鉄道情報システム株式会社運営のサイバーステーションから確認可能です。

※サイバーステーションで「残席がない」ときに、窓口に並んでも座席を確保できない可能性大です!以下の「回避策 - ②/④/⑥」を強くオススメします。

 

 

2023年の現状

東海道新幹線「のぞみ」号は、2023の年末から全席指定席化(年末年始限定)

2023年12月28日~2024年1月4日、東海道・山陽新幹線ののぞみ号は全席指定席です。

当該期間中に、のぞみ号には自由席はありません!

ただし、ひかりやこだまには自由席がありますので、最終手段としてひかり号を利用することで移動可能です。

https://traininfo.jr-central.co.jp/shinkansen/pc/ja/index.html

 

EX予約、スマートEXでは1年前から予約可能に

「EXサービス」では最大1年先の指定席の予約が可能となりました。

※一部商品は対象外。

その影響で、1か月前時点ではすでに残席数が例年よりも大幅に少なくなっている恐れがあります。

ただし、次のような注意書きが公式HPに掲載があります。

年末年始期間で、すでに満席表示となっている列車がございますが、乗車日1カ月前の10時よりご予約いただけるお座席もご用意しています。

 

年末年始期間の指定席のご予約に伴い、11月28日(火)~12月4日(月)は、アクセスの集中が予想されています。特にピークが予想される11月29日(水)および12月3日(日)の10:00前後は一時的にログインしづらい状況となる可能性があります。
年末年始期間の指定席は、これらの時間帯を避け、お早めにご予約いただけますよう、ご案内いたします。

 

ただし、窓口や「e5489」「えきねっと」「JR九州インターネット列車予約」での発売数はEXサービス予約分を差し引いた分となり限定されていますので、「EXサービス」各種でのはやめの予約がおススメです。

 

オススメのサービスは「スマートEX」(無料で利用可能)です。紙の発券も不要(ICカード登録が必要。)

URLはこちら!

https://smart-ex.jp/top.php

 

回避策

では、上述した状況をどのように回避したらいいのでしょうか?

考えうる回避策は以下の通りです。

①なるべく早めに指定席を予約する

上記EXサービスが東海道新幹線の予約にはオススメです。

そのほかに、「えきねっと」「e5489」「JR九州インターネット列車予約」での発売もあります。

窓口や駅の券売機、ネットでの予約では通常、1か月前の10時から発売が原則ですが、ネット予約には「事前申込」という制度があります。

e5489の「事前申込」画面

事前申込はe5489では次のような制度として説明されています。詳細はこちら(おでかけネット)。

「e5489」の事前申込サービスは年間を通してご利用いただけ、通常は乗車日の「1 ヶ月と 1 週間前」からお申込可能です。

 

その他、「えきねっと」「JR九州ネット予約」の事前受付に関する情報は以下です。

えきねっと利用上の注意!:お申込み内容にJR東海JR四国JR九州区間が含まれている場合は、事前受付の対象外となります。

えきねっとの事前受付はこちら
JR九州ネット予約の事前予約(受付)はこちら

 

注意点は、e5489やえきねっとなどの「事前申込/受付/予約(受付)」は座席の確約ではないという点です。

 

②移動時間をずらす
③(下り限定)新大阪止まりの新幹線を利用する

→新大阪から先は、新大阪始発の列車を予約。

分割しても通しの特急料金は変わりません。窓口やオペレーターに相談してみてください。

④のぞみ以外の自由席/指定席で移動する

のぞみ以外では、自由席の設定が年中あります。品川駅や東京駅では、長蛇の列が予想されますが、指定席がとれなかったときの現実的な手段でしょう。

⑤EX予約/スマートEXを利用し、早めに予約する

とにかく早めに席を確保することが重要かもしれません。

⑥ネットで指定席のキャンセル待ちをする(何度も読み込むと、空きが出る可能性大)

特に乗車時間直前は、キャンセルが発生します。

ただし、各予約サイトや窓口、券売機いずれにも「キャンセル待ち」の機能はありません。ネットでは何度もやり直すことで、空席を見つけることができる可能性があります。

 

オススメのサービスは「スマートEX」(無料で利用可能)です。紙の発券も不要(ICカード登録が必要。)

URLはこちら

https://smart-ex.jp/top.php

 

 

⑦飛行機や高速バスを利用する

混雑した東海道新幹線を迂回するのも手です。

⑧【東海道新幹線運休時など推奨】北陸新幹線で迂回する

遠回りで高額なので、非推奨です。

ただし、東京~関西を一定期間内に往復する場合は、一筆書ききっぷを作成すれば割安での移動が可能です。

北陸新幹線でお得に旅する方法教えます!一筆書き乗車券がすごい |じゃらんニュース

 

 

以上が現実的な回避策です。

 

以上です。

ご一読ありがとうございました。

tabisuruaonami.com